北総ウォークからみるマーケティング

都営浅草線の駅で「北総ウォーク」なるイベントを発見!
テレワークが増え、運動不足なので、ふらっと行ってみました。

北総ウォークの舞台となる印西市は、自然豊かで最高にリラックスできました!

一方、少し仕事目線で見ると、

北総ウォークの目的は?
ターゲットは?
ターゲットに何を期待してるの?


よく分かりませんでした。。
なので「こうすればもっと楽しめるのに!」と思ったことを書いてみます。

北総ウォーク


今回は、コロナの影響もあり、開催方法が変わっていたみたいです。通常は、1日で終わるイベントのようです。
https://www.hokuso-railway.co.jp/event/detail/6510

印西牧の原駅~千葉ニュータウン中央駅間を歩く


スタートは、印西牧の原駅です。都営浅草線をよく利用するので、名前は知っているのですが、初めて来ました。

駅から少し歩くと、自然がたくさんあります。印西市の名産やここで栽培している農作物を知りたかったですね。

川には魚がたくさんいました。けっこう大きい魚でしたが、何でしょう?

私は田舎育ちなので、珍しくないですが、都会育ちの子供たちは見たことないでしょうね。

途中で一か所だけ、農作物の販売所がありました。ポップアップストアのような感じでもっと色々あると利用してたと思います。

千葉ニュータウン中央駅に到着。イオンモールなど、大きな商業施設がたくさんありました。

参加者の視点


私は休みの日にわざわざ都内から、このイベントに参加しました。
初めての土地なので、もちろん土地勘はありません。

そういう人の視点でみると、
・昼は○○がおすすめです。
・このお店で○○を購入して、○〇地点で食べるのがおススメです。
・名物は○○で、○○で購入できます。
・少し離れると○○といったことができます。
といった情報があれば、もっとお金を使いましたね。

あと最近はテレワークがメインなので、テレワークの環境があって、
安く宿泊できる場所の紹介があれば、金曜にロードバイクを持ってきて、
週末は印西市で過ごすという選択肢もあり得ますね。

要は、ペルソナといった自分たちの思い込みで作った顧客像より、
私みたいな人に数人でいいので、直接聞くのが一番間違いないですということを伝えたかっただけです。
お金もかからないですしね。

最新情報をチェックしよう!