RFIDが世界を変える

RFIDを知っていますか?
名前を聞くのは初めてかもしれませんが、既にZaraやユニクロでも使われています。

RFIDは人手不足の悩みを解消してくれます。

RFIDとは?


「Radio Frequency Identification」を略して「RFID」と呼んでいます。
日本語だと「近距離無線通信を用いた自動認識技術」です。
さっぱり分からないですよねw

もし手元にユニクロのラベルがあれば、光に透かして確認してみてください。
うっすらと模様が見えると思います。
これがRFIDを利用するために必要な「RFタグ」です。

このRFタグを専用リーダーで読み取れば、商品情報や価格が分かります。
最近、ユニクロでセルフ精算できるレジが増えてきたと思いませんか?
それを可能にしたのが、このRFIDという技術なんです。

何がすごいのか?


バーコードとかQRコードと一緒やん。。
たしかにやっていることは似たような感じです。

決定的な違いは「RFタグは1つずつ読み取る必要がないんです!」

イラストで見ると一目瞭然です。

服の棚卸も1つずつチェックする必要はありません。離れたところから、専用リーダーをポチっとすれば、一瞬で全ての在庫が分かります。

段ボールに入っていても大丈夫です。1つずつ開ける必要はありません。
ピッ!とすれば終わりです。

※DENSOホームページより引用
https://www.denso-wave.com/ja/adcd/fundamental/rfid/rfid/index.html

生産性の切り札


多くの在庫を抱える業種業態だと、この素晴らしさが理解できると思います。
※別にRFIDの販売代理店をやってるわけじゃないですよw

サービスの品質保証で最も重要なのは、間違いなく「人」です。
人でしか提供できない価値がたくさんあります。

そのためにも、人じゃなくてもできる仕事はRFIDなどの技術を積極的に利用して、人にリソースを集中させ、顧客満足をより高めていくことが重要です。
最後に、専用リーダーやRFタグを導入するかどうかは、現在、在庫管理や棚卸にかかっている人件費と比較して決めればよいと思います。

最新情報をチェックしよう!

生産性の最新記事8件