誰かが決めてくれたルールに甘えていませんか?

組織でルールを作成する目的は、様々です。

無駄な作業をなくしたい。

標準化したい。

みんなの考え方を揃えたい。などなど

状況に応じて作成されます。

  

もちろん、ルールを作成するとそれに従う必要があります。

こういった状況でよく聞かれるのが、

ルールと違うからできません。

ルールでは●●することになっています。などなど

  

たしかに正しいような気がしますが、本当にそうでしょうか?

  

ルールを守ることは手段であって、目的ではありません。

ですので、目的に応じて臨機応変に変更する方が自然です。

  

ただ誰でも好き勝手にルールを変更できる状態は、ちょっと具合が悪いので、

ルールを変更する時の最低限のルールを予め決めておきます。

 

ルールを変更する時のルール

①今回はルールから外れますということを予め関係者に伝える(「計画的逸脱」といいます)

②計画的逸脱をしても問題ないことを証明しておく。

③計画的逸脱でうまくいった場合は、ルールそのものの変更を検討する。

※計画的逸脱は一時的な措置で1回限りです。

  

こうすることでルールを実態に合わせて、どんどん変えていくことができます。

時代や人が変わっているのに、ルールが変わっていない方が異常です。

ルールからの逸脱を認めずルールにこだわりすぎる人は、おそらくルールの本質的な意味を理解していない、あるいは新しいルールを作成したことがない人でしょう。

  

本日の問いかけ

ルールを守るだけの方が楽だと思っていませんか?

ルールに対して思考停止していませんか?

ルールは小さく立ち上げ、素早い改定で改善していきましょう。

 

※実務のヒント

新しいルールを作る際、完璧を求める人が多いです。

そんなことは不可能です。

ルールでカバーできていない点ばかりを見るのではなく、ルールでカバーできている点に目を向けてください。

8割方ルールでカバーできていれば、実行するメリットの方が大きいはずです。

最新情報をチェックしよう!

ビジネスの最新記事8件