【GW】初めての立山黒部アルペンルート_長野方面から

日本人なら誰もが一度は見たことがあるであろう立山黒部アルペンルートの映像

道の両側に雪が高くそびえ立つあの場所です

4月〜5月の今しか見られない貴重な風景を見に行きます!

立山黒部アルペンルートとは?

立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルート。総延長37.2km、最大高低差は1,975m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にある。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、いくつもの景勝地を通って気軽に、雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然を満喫することができる超人気スポット

詳細はコチラ↓

立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。…

今回のルート

立山黒部アルペンルートは、富山と長野のどちらからでもアクセスできます

人気のルートは、富山から入って長野へ抜ける一方通行のルートです

私もこのルートで行きたかったんですが、室堂へ行くためのケーブルカー、バスの予約ができなかった。。

4月に予約が開始されて、あっという間に売り切れでした。。

予約なしでも当日、空いていれば乗れるみたいですが、乗れなかったら、最悪なので長野から入って、室堂で折り返して、来た道を引き返すルートにしました

長野から室堂へのルートは、富山と比べると割高なので、前日でも予約可能でした

ちなみに、扇沢〜室堂(往復)は、

おとな(中学生)12,300円

こども(小学生)6,150円

安くはないですが、海外からも旅行客が押し寄せる人気スポットなので、必要経費です

大手町発

東京都大手町23時30分発の高速バスで、まずは長野駅に向かいます

高速バスは乗る前に、食事とお風呂を済ませておくと、快適に過ごせます

長野駅着

時間通り5時5分に長野駅に到着

ここからバスで扇沢駅まで行けますが、今回は家族旅行(4人)なのでいつものタイムズカーシェアを利用

4人ならバスで行くより、カーシェアのほうがかなり安いです

コチラがオススメ↓

時間も気にしなくていいので、活動しやすい

ちなみにタイムズカーシェアを利用する場合、基本は月会費が必要なんですが、法人登録すれば、月会費は無料なんです

いや、会社経営してないし。。って方も大丈夫!

個人事業主でも登録できます!

個人事業主なら、役所に行って、申請書を1枚提出するだけでOK

ランニングコストもかかりません

立山黒部アルペンルート

扇沢駅

長野駅を5時半に出発して、7時前に扇沢駅到着

ここから、一番の目的地である頂上の室堂を目指します

扇沢駅の目の前にある有料駐車場は便利ですが、100〜200m歩くだけで、無料市営駐車場もあります。もちろん、そちらを利用します

とりあえず一直線に室堂を目指し、室堂から下山しながら、各スポットを楽しむ作戦です

扇沢駅発7時30分の電気バスに乗り、ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継ぎ、室堂着が8時半頃

扇沢駅発の電気バスは予約したけど、予約したからといって座れる保証はないです。ただ確実に乗せてくれます

ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスは予約は必要ありません

ちなみに、スキー板やスノボを持ったお客さんが多いので、なんでだろ?と思い、スタッフに聞いたら、彼らは頂上までスキー板やスノボを持って行き、頂上からは自力で2時間くらい登って、スキーやスノボを楽しむらしい

趣味とはいえスゴイわ😅

室堂

今回の本命「室堂」の気温は4℃

雪の大谷ウォークは9時半開始なので、とりあえず腹ごしらえ

立山・雪の大谷

メディアで見たままの絶景✨

十分積雪してたけど、これでも今年は少ないらしい😲

気温は4℃だけど、歩くし、風もないので、体感温度は10℃以上

普通にロンT1枚で過ごせる

立山室堂平のライブカメラ映像はこちらから。…

立山自然保護センター

特別天然記念物「雷鳥」ついて学べる施設もあります

【公式】富山県の観光/旅行サイト「とやま観光ナビ」

立山自然保護センターは、立山の豊かな自然を知ることのできる施設です。 室堂平をライチョウ国に見立て、入口で入国パスポート…

大観峰

室堂を満喫したら、大観峰へ移動

ここは展望台から景色をみるだけなので、サクッと済ませる

黒部平

黒部平で、少し休憩

カフェで黒部平ブラックドッグと黒部ブラックソフトを食べたら、黒部湖、黒部ダムへ移動

黒部湖・黒部ダム

立川黒部アルペンルート最後の立ち寄りスポット

ダム展望台

黒部ダムを見下ろせるダム展望台は絶景スポット

屋外階段、屋内階段のどちらからでもアクセスできるけど、屋外階段がオススメ✨

強風の中、狭い階段を登るのは、なかなかスリリングな体験

6月〜10月はダムからの放水があるらしいので、放水で発生した虹が楽しめる🌈

食事

黒部湖・黒部ダムには美味しいグルメがたくさん✨

服装

基本ルートを外れない場合は、特に専用の道具は必要なく、気温に応じた服装とスニーカーでOK

雪の上を歩きたい人は、長靴とかがオススメ

ゴールデンウィーク期間の室堂昼間の平均気温は、4〜6℃

数字を聞くと低いけど、風もないし、歩くので、都内12月頃の服装で問題なし

半袖の人もけっこういたよ

初めての感想

長野から登るルートはあまり人気がないせいか、乗り物の待ち時間もほとんどなく快適に楽しめました!

ただ観光用に整備されているとはいえ、やはり2,000mを超える山なので、とにかく歩く

階段がメチャクチャ多い

登山やハイキングが趣味の方なら、たいしたことはないんでしょうが、体力に自信がない方には、なかなかハードな旅です

今回は高速バスで朝着かつ睡眠時間5時間で挑んだので、かなり足にきましたが、満足度は高いです

食べ物は現地調達でもいいですが、飲み物や食べ物を持参すれば、気に入ったところで休憩できるので、次回は持参します✨

この日の歩数は、25,000歩

ここでDay 1終了

戸隠神社

長野駅周辺に宿泊して、2日目は戸隠神社

ここも前からずっと行きたいと思っていたスポット

戸隠神社は、奥社(おくしゃ)、中社(ちゅうしゃ)、宝光社(ほうこうしゃ)、九頭龍社(くずりゅうしゃ)、火之御子社(ひのみこしゃ)の五社から構成される神社の総称です

人気の中社、奥社だけを参拝する方もいますが、今回は全て参拝します!

参拝ルートは、奥社から遠い順に、宝光社→火之御子社→中社→奥社・九頭龍社です

奥社・九頭龍社は同じ場所にあります

このサイトが分かりやすいです↓

戸隠観光なび

戸隠神社は、奥社(おくしゃ)、中社(ちゅうしゃ)、宝光社(ほうこうしゃ)、九頭龍社(くずりゅうしゃ)、火之御子社(ひのみ…

宝光社

JR長野駅から山道を抜けて車で40分

ココから戸隠神社参拝スタートです

前日の立山黒部アルペンルートの疲れが残ったまま、朝からまた階段。。

でも神々しい雰囲気であっという間に登れました✨

火之御子社

素通りしそうなくらい小さい

駐車場は鳥居前の2台のみ

宝光社から徒歩なら900m

中社

奥社についで人気の中社

途中から霧が濃くなり、さらに神がかった雰囲気✨

奥社・九頭龍社

戸隠神社参拝の大本命「奥社・九頭龍社」

ここはとにかく歩く

メチャクチャ歩く

奥社参道入口から随神門までが、1km15分

随神門から奥社までが、1km20分

随神門まで直線の道をひたすら歩く

ここまででかなりの疲労😅

随神門からは登り坂+最後は不規則な階段を登る

途中で引き返すわけにもいかず、気合で奥社・九頭龍社まで向かったよ

体力に自信がない方や時間がない方には、本当にやめたほうがいいかもしれない

ぶっちゃけ、奥社・九頭龍社よりも、一番テンションがあがるのは、そこに行くまでの杉並木だっりする。。

でも、奥社・九頭龍社に到達した人だけが得られる何かがある。と思う😘

道中に店はないので、飲み物、食べ物持参をオススメします

杉並木

ここだけでも見に来る価値はあります!

霧が出て、日が差し込むと完璧な風景✨

奥社

九頭龍社

参道グルメ

疲労困憊のため、参道入口で休憩

この日の歩数は、12,000歩

ホントによく歩いた

寄り道

長野ローカルスーパーツルヤ

長野県内に36店舗を構える創業120年のローカルスーパー

地元スーパーに行けば、その土地の文化が分かるから、旅をするとほぼ必ずスーパーは行きます

スーパーマーケット「ツルヤ」の会社案内、店舗情報、チラシ、インターネット販売のご案内。【スマートフォンサイト】…

長野駅構内

長野駅構内で、長野お土産が色々と買えます

おやきの有名店「いろは」や「縄文おやき」もあります

旅時間 - 旅のようなステキなひとときを。

長野駅には、駅構内のお土産売店をはじめ、長野駅ビルのMIDORI長野もあり、定番の信州銘菓から信州そば、おやき、野沢菜ま…

今回の旅はここで終了

アクセスマップ

今回は一泊二日で立山黒部アルペンルート、戸隠神社参拝を実行したけど、疲れるからどちらか1つに絞ったほうがいいかも🤔

長野駅周辺なら善光寺もあるしね

体力と相談してください😋

最新情報をチェックしよう!

旅行の最新記事8件